西東京 田無・黒瀬鍼灸指圧治療院

胃腸関係記事一覧

胃の消化促進が関係していることで起きることか゜多い胃弱と食欲不振ですがストレスによる神経性のものや内臓性のものもあります。当院では鍼灸と指圧で内臓を活発にします。よく使うのはツボ療法胃経と呼ばれる筋に指圧とお灸をして胃腸を活発になるようにします。背中のツボも大切です。胃の六灸で使われるツボが胃を活発にして整えてくれます。直接お腹を揉み上げる按腹は、高齢者に喜ばれる手技の一つですが胃弱の方でも効果的...

胃腸が不調になると背中の筋肉が緊張してコリを感じてきます。背骨と背骨の間からは自律神経が出ています。背中の筋肉が固くなって自律神経(交感神経)を刺激し、働きが悪い状態です。背中の筋肉を弛めるとかなり改善します。に背中を施術していると自律神経が活発になるのが分かります。自律神経は交感神経と副交感神経があります。お腹、胃腸が活発になるのは、副交感神経が優位になっときです。施術が終わった後は、活発になり...

年末年始は暴飲暴食になりやすい季節。飲み過ぎないようにしたいものですが何かと肝臓が疲れやすい季節でもあります。シジミの成分で、肝臓を活性!シジミの中のオルニチン、グリコーゲンやタウリン、ビタミンB12の成分が肝臓の働きを助けて疲労回復や二日酔い予防に期待できます。目は肝臓と深いつながりがあると漢方医学ではいわれています。肝臓は血液を浄化する働きをします。血液をいつもサラサラにして、目に栄養を補いに...

二日酔いの予防ならウコンがおすすめです。二日酔いの私が体験です。あとはアロエがあれば苦いところが吐き気に効果的に影響してくれます。二日酔いのときはアロエもあまり苦く感じないはず。お腹はゆるくなるのでご用心。二日酔いにはロール白菜!肝臓にやさしい旬の野菜、白菜。また白菜は、すばやくアルコールを吸収して、二日酔いを防ぐといいます。年末に向けて飲む機会が増えてきます。つい楽しい人や久しぶりの方と飲むと気...