40代 肩コリ 鍼灸

中年になってからの肩こり症と鍼

中年以降になると何となく肩こり症覚えるようになる。
肩こり症はいろいろな原因により起こる症状であるが精神緊張や肉体の疲労などにより、ひどくコリが出ることもある。

 

肩が凝ったことがない人が肩コリを覚えると凝ったとは言いません。
「痛い」といいます。
これが時間が経つと「凝った」という言葉が出てきます

 

肩コリの原因は、はっきり掴み難いことも多い。
いずれにしても肩こり症は針治療で軽快します。

 

肩こり症を大別すると3つの形

 

・後頭部が主としてこるもの
・肩の上が凝る
・肩甲間部 いわゆる膏肓(こうこう)付近が凝る

 

あるいは、これらの両方凝る複合型の肩こりもあります。

 

そのコリの中心なる硬結を丹念に探し出して鍼をします。
時間が経っているコリほど鍼をしても鈍くなって痛くも痒くもありません。
それを時間を掛けてコリを解きほぐすように鍼をします。

 

肩全体に響くようなところを見つけられると気持よく感じます。
肩こりの主な場所は首、うなじから背中、肩甲間部。
自覚する強い不快感はこわばり感。

 

鍼を滑りこませるように入れてほぐします。

枕が合わないお悩みの方へ

40代 肩コリ 鍼灸関連ページ

冷え性と自律神経
疲労回復、冷え性の改善を紹介しています。
不定愁訴を解消する!
ストレスと指圧・鍼灸療法の紹介です。 ストレスはつらい首のコリと喉のつまり感、胃腸の不調和が出現します。
だるさと疲労回復
疲労回復、冷え性の改善を紹介しています。
肩コリと五十肩
肩コリと五十肩の関係と黒瀬鍼灸指圧の施術を紹介しています。
脇の下のコリ
ストレスに多い脇の下のコリ改善を紹介しています。