打撲と鍼灸

打撲、捻挫、筋肉痛を鍼灸とマッサージ

痛めて しまった打撲、捻挫、筋肉痛は、一般的に冷やすことで治療をしています。
炎症反応を抑えるためです。
炎症反応は発赤 、熱感、腫脹、疼痛を特徴としています。

 

炎症を冷やすことで、痛み発生物質を出さないようにしていますが鍼灸の方法は、ちょっと違っています。

 

打撲、捻挫、筋肉痛の治療は鍼や知熱灸で温めて熱を発散させます。
炎症のピークを早めて回復を早めていきます。

 

運動での筋肉痛はマッサージ、温灸や鍼がよく効きます。
鍼灸治療を行うと単に冷やすよりも治癒が早まり、古傷のような、うずく痛みが残るなどの後遺症もなくなくなります。
鍼灸治療によるより積極的な治療を行っていくことで、現場に復帰出来る機関を早めることが出来ます。

 

トレーニングや試合で疲労した筋肉をより速やかに治癒し復活させることができるので、コンディションを整える目的にも試合でも大きく活躍できるものだと考えます。


打撲と鍼灸関連ページ

腰のだるさや違和感
腰・股関節・骨盤のトラブルを整体で整えます。
歩くと股関節のひっかかり
腰・股関節・骨盤のトラブルを整体で整えます。
股関節 ズレ
腰・股関節・骨盤のトラブルを整体で整えます。
変形性膝関節炎 黒瀬の施術
変形性膝関節炎の施術は黒瀬では腰・股関節・骨盤を整体鍼灸で整えます。