顎関節症 鍼灸

顎関節症にまつわる症状

顎関節症にまつわる諸症状は私の鍼灸・指圧に多い症状です。
顎関節症の 主な症状として、顎関節部や顔面部の疼痛・クリック音や開口障害や下顎の運動障害です。
頚や肩の筋肉痛・頭痛などが発症し相談を受けることの多い症状です。。

 

人口の6割程度が何らかの症状を有し、女性が男性の2?5倍発症しやすいと報告されています。
顎関節症は、歯ぎしり、噛みしめなどの方が多く鍼灸を併用することによって症状を軽減、あるいは治癒を促進することができます。

 


顎関節症の原因

以前は「かみ合わせが悪いので顎関節になる」と言われていましたが、現在は噛みしめ、食いしばり、歯ぎしりが発症に影響していると考えられています。

 

 

精神的なストレス

 ストレスがあったり集中するときに噛みしめるクセのある方
 「歯を食いしばって頑張れ」などと言われて育った方 

 

頭部の不良姿勢

  パソコン作業の場合アゴが突き出す姿勢になる時に噛み締めていまう動作の癖が出る方。

 

頚部障害

  第二頚椎にコリがある場合顎関節に影響します。

 

片側咀嚼や?杖をつくといった日常の癖

  虫歯など口の問題により、片側だけで噛み続ける癖

 

 

不正咬合

  かみ合わせや歯並びが悪いと、時間とともに顎がずれていきます。

 

熱心にスポーツをしている

  瞬発的な場面でよく食いしばる

 

 

楽器の奏者

  クラリネットやサックスなど管楽器の方に多い

 

外傷

  交通事故やケンカ、抜歯の時にアゴがずれたという方もいます。

 

 

食生活が原因による顎への影響

 

ここ半世紀、柔らかい食べ物が多くなり明らかに噛まないで済む食事が多くなっています。
柔らかい食べ物ばかりを食べることで、顎関節の筋肉が弱くなり顎関節に影響与えます。
柔らかいものも強く噛まないと気がすまない人。こういう方も要注意。


顎関節周辺のよくある不定愁訴

・顎関節部や咀嚼筋の疼痛
・頭痛
・耳痛
・顔面のコリ感または痛み
・首の強いコリ
・肩の強いコリ感
・目がかすむ

顎関節症になったとき、何科に行くと一番良いのでしょうか

専門の歯科医または口腔外科専門医が一般的です。

 

私どもの手技または鍼灸治療は症状改善には非常に有効な手段です。
顎関節周辺、負担のかかる頸椎の筋緊張を緩和することにより、顎の歪みが改善され、頬骨や側頭骨が整いつらい症状が緩和されていきます。

こんな症状にお困りなら

アゴが痛い
首こり・肩コリがつらい
頭痛がする
耳鳴りがする
中耳炎でもないのに耳の奥が痛い
めまいがする
眼精疲労、目の疲れ
マウスピースをつけても良くならない


顎関節由来のトラブルへのアプローチ

指圧また鍼灸でのアプローチです。

 

顔面部のコリの強いツボを指圧または鍼
頭部の指圧または鍼灸(側頭筋)
顎関節部へのツボを使った指圧、鍼
頸部へのアプローチ

 頸椎間の強い拘縮を開放します。

 

胸部へのアプローチ

 トリガーポイントの反応が出ていればアプローチします。

 

肩甲胸郭関節へのアプローチ

 肩甲骨の動きがコリで悪くなっていることが多いのでココを指圧またし鍼で開放します。

枕が合わないお悩みの方へ